その他

短期出張に便利なAPECビジネストラベルカードをご紹介します!

短期出張に便利なAPECビジネストラベルカードをご紹介します!

悩む人
アジア圏の出張にはAPECカードが便利だと聞いた。そもそもAPECカードってなんだろう?内容を知りたいな。

今回はそんな悩みを解決します。

この記事で分かること

APECビジネストラベルカードの詳細が分かる

APECカードは、アジアを中心に仕事をしている方は聞いたことがあるかと思います。

出張の度にその国のVISAを取得したり、入国審査で待たされた経験がありませんか。

 

そんなストレスを解消出来るのが、APECビジネストラベルカードです

 

本記事では、APECカードのポイントをまとめています。

取得検討中の方や初めて聞いた方の参考になればと思います。

APECビジネストラベルカードとは

APECビジネストラベルカードとは

APECビジネストラベルカードは、アジアを中心とした域内を頻繁に出張するビジネスマンにおすすめのカードです

 

ビジネス関係者の移動を円滑にすることができる制度参加国・地域の政府が自国・地域のビジネス関係者に発行する特別なカードの事となります。

 

カードを取得することにより、他の制度参加国・地域の政府の了解(事前審査の承認)を得ておくことで、その国・地域への入国・入域に際して査証が免除される又は査証手続が免除されます

 

わかりやすくすると、入国審査がめちゃ楽になります

 

正式名称は『APECビジネス・トラベル・カード(APEC Business Travel Card)』と呼び、頭文字からABTCと略されたり、APECカードとも略されます。

APECビジネストラベルカード参加国

対象国は以下の国と地域が対象となります。

APECビジネストラベルカード対象国

オーストラリア、ブルネイ、チリ、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ロシア、シンガポール、タイ、台湾、ベトナム

現在は上記の19の国と地域が参加しています

APEC(アジア太平洋経済協力)の国々が参加していますね。

 

ちなみにですが、『APEC』とは、上記の中で台湾を除いた18の国と地域で構成された協議体です。

APECカードの申請要件

APECカードの申請要件は以下の4つとなります。

(1)有効な日本国旅券を所持していること。
(2)申請書その他の提出書類に虚偽の記載がないこと。
(3)犯罪歴がないこと。
(4)外務大臣が告示で定める次のいずれかの要件に該当していること(ただし、職業運動選手、報道特派員、芸能人、音楽家、芸術家又は同様の職業に当たる方には、交付することができませんのでご注意ください)。
(ア)APECビジネス諮問委員会(ABAC)の日本委員、日本委員代理又は日本委員を補佐する業務に従事する方
(イ)金額の多寡を問わず、貿易・投資実績(注1)がある企業等の経営者又は当該企業等に雇用されている方で、貿易等に関する事業(注2)を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方
(注1)過去1年間又は直近の決算期(1年分:四半期連結)に行われた、海外の企業等との貿易にかかる取引の実績又は、海外の企業等との合弁、合併、不動産の買収等の投資に関する実績があること。連結会社(連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)第2条第5号に規定する連結会社をいう。)にあっては、連結会社において過去1年間に行われた貿易にかかる取引の実績又は、海外の企業等との投資に関する取引実績があること。
(注2)短期間行われる貿易又は投資に関する交渉、業務連絡、市場調査、契約締結若しくは納品後の役務若しくはこれらに関連する事業のこと。
(ウ)ABAC日本支援協議会の構成団体(日本経済団体連合会、日本商工会議所(日本商工会議所の会員である商工会議所を含む)、経済同友会及び関西経済連合会)の職員、その団体の会員である機関の経営者又は当該機関に雇用されている方で、貿易等に関する事業を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方
(エ)貿易等に関する事業を行う機関の経営者又は当該機関に雇用された方で、貿易等に関する事業のうち特に災害復興に資すると認められるものを行うことを目的として参加国・地域に渡航し、かつ、今後同様に渡航することが必要であると認められる方

※出典:

外務省のホームページ

"1"から"3"はともかく、"4"がややこしいですよね。

ほとんどの方は、"4"の(イ)に該当するかと思います

 

過去の海外との取引案件などを見て審査されます。

 

所属している事業体に、何らかの取引や送金がある事実を証明出来ればOKです。

こちらには、いわゆる出張のための出費(交通費や宿泊費)は入りませんのでご注意を。

申請時の注意点

注意点としては、以下の3点が挙げられます。

APECカード申請時の注意点

1, APECカードの有効期限とパスポートの有効期限に関して

APECカードの有効期限は5年です。

APECカードを発行する時点でパスポートの残存有効期限が5年未満の場合は、発行されるAPECカードの有効期限はパスポートの有効期限と同じになります。

2, 認められる活動内容について

短期間に行われる収入または報酬を伴わない活動・商談・業務連絡・市場調査
投資のための契約締結・納品後の報酬を伴わないアフターサービス等に限定されています。
(※収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動は処罰の対象になりますのでお気を付け下さい。)

3, 申請から発行までには約5ヶ月~6ヶ月かかります。

パスポートの残存期間と取得までの約半年が注意点となります

すぐに取得は出来ないので、気をつけましょう。

 

また、基本的には法人のみ取得可能です。

取得する場合、会社に相談しましょう。

APECトラベルビジネスカードのメリット

APECトラベルビジネスカードのメリット

APECカードを持つメリットがあります。

APECカードのメリット

・入国審査時間の短縮

・ベトナム出張の方には特にメリットあり

APECカードを持つと上記のようなメリットがあります。

入国審査時にAPECカードを持つ方向けの専用レーン(入国審査ブース)があります

 

ABTCカードを提示することにより、通常の入国審査と異なり円滑な審査が受けられます。

 

ジャカルタやバンコクなど、1時間近く待たされることもザラな入国審査をサクッと通過出来ます

ビジネスシーンで役立つメリットですね。

 

特に、ベトナム出張が多い方にメリットがあります

ベトナム出国後、30日以内に再入国をする場合VISA(査証)申請が必要になりますが、ABTCお持ちの場合は免除されます。

ABTCは5年有効ですので、ベトナム査証 1年マルチを数回取得される事よりも経費削減に繋がります。

まとめ:短期出張に便利なAPECビジネストラベルカードをご紹介します!

まとめ:短期出張に便利なAPECビジネストラベルカードをご紹介します!

いかがだったでしょうか。

APECカードに関しての理解が深まったかと思います。

 

APEC圏内の出張が多い方にはおすすめのカードとなります

入国審査で待たされた経験がある方は、このカードの良さが分かりますよね。

 

ストレスなく仕事をする助けになりますよ。

さらに詳しい内容を知りたい方には、以下のサイトで良くまとまっているのでおすすめです。

-その他
-,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.