その他 インドネシア

インドネシアの東京2020オリンピック出場選手と競技をご紹介!

インドネシアの東京2020オリンピック出場選手と競技をご紹介!

悩む人
東京2020オリンピックにインドネシアからはどんな選手が参加するんだろう?出場競技や注目ポイントを押さえておきたい!

この記事では、そんな悩みを解決します。

この記事で分かること

インドネシアの東京2020オリンピック出場選手が分かる

注目選手とポイントがわかる

いよいよ東京2020オリンピックが開幕しましたね。

 

インドネシアからも多くの選手がオリンピックに参加しています

本記事では、インドネシアから参加している選手をご紹介していきます。

 

注目選手を知ることで、オリンピックをより楽しむことが出来ますよ

注目選手の他に、注目競技もあわせてご紹介しているので、そちらもチェックしましょう。

 

それでは早速見ていきましょう。

東京2020オリンピック・インドネシア選手団

東京2020オリンピック・インドネシア選手団

まずは、オリンピックに出場する選手を見ていきましょう。

インドネシア代表(男子)

インドネシア代表の男子は計17名となります。

重量挙げ

ラフマト・アブドラ(ABDULLAH RE):生年月日 2000年10月13日

New 東京オリンピック、73キロ級:銅メダル

デニ(DENI ):生年月日 1989年7月26日

エコユリ・イラワン(IRAWAN EY):生年月日 1989年7月24日

※北京オリンピック、56キロ級:銅メダル

※ロンドンオリンピック、62キロ級:銅メダル

※リオデジャネイロオリンピック、62キロ級:銀メダル

New 東京オリンピック、61キロ級:銀メダル

バドミントン

モハマド・アーサン(AHSAN Mohammad):生年月日 1987年9月7日

ジョナタン・クリスティ(CHRISTIE J):生年月日 1997年9月15日

マルクスフェルナルディ・ギデオン(GIDEON Marcus Fernaldi):生年月日 1991年3月9日

アンソニーシニスカ・ギンティン(GINTING Anthony Sinisuka):生年月日 1996年10月20日

New 東京オリンピック、男子シングルス:銅メダル

プラフィーン・ジョーダン(JORDAN Praveen):生年月日 1993年4月26日

ヘンドラ・セティアワン(SETIAWAN H):生年月日 1984年8月25日

※北京オリンピック、男子ダブルス:金メダル

ケビンサンジャヤ・スカムルヨ(SUKAMULJO KS):生年月日 1995年8月2日

アーチェリー

アリフ・ドウィパンジェストゥ:生年月日 2004年3月25日

アルビヤント・プラストヤディ:生年月日 2002年2月18日

リアウエガ・アガタ:生年月日 1991年10月25日

スポーツクライミング

アルフィアン・ムハマド(MUHAMMAD A):生年月日 1997年1月18日

競泳(男子400m自由形)

アフラ・プラウィラ(PRAWIRA A):生年月日 1997年11月13日

サーフィン(男子ショートボード)

リオ・ワイダ(WAIDA R):生年月日 2000年1月25日

陸上

ラルムハマド・ゾーリ(ZOHRI Lalu Muhammad):生年月日 2000年7月1日

※選手写真出典:jiji.com

インドネシア代表(女子)

インドネシア代表の女子は計13名となります。

重量挙げ

ウィンディ・アイサー(AISAH Windy Cantika):生年月日 2002年6月11日

New 東京オリンピック、女子49キロ級:銅メダル

ヌルル・アクマル(AKMAL N):生年月日 1993年2月12日

バドミントン

グレーシア・ポリー(Greysia POLII):生年月日 1987年8月11日

New 東京オリンピック、女子ダブルス:金メダル

※【ペア】アプリヤニ・ラハユ(RAHAYU Apriyani)

アプリヤニ・ラハユ(RAHAYU Apriyani):生年月日 1998年4月29日

New 東京オリンピック、女子ダブルス:金メダル

※【ペア】グレーシア・ポリー(Greysia POLII)

メラティデファ・オクタフィアンティ(MD OKTAVIANTI):生年月日 1994年10月26日

グレゴリアマリスカ・トゥンジュン(TUNJUNG Gregoria Marisk):生年月日 1999年8月11日

アーチェリー

ディアナンダ・チョイルニサ(CHOIRUNISA D):生年月日 1997年3月16日

ボート(女子軽量級ダブルスカル)

メラニ・プトリ(P MELANI):生年月日 2000年7月21日

ムティアラ・プトリ(P MUTIARA):生年月日 2004年7月7日

競泳(女子400m個人メドレー)

アザフラ・ペルマタハニ(PERMATAHANI A):生年月日 2002年1月7日

スポーツクライミング

アリエス・スサンティラハユ(SUSANTI RAHAYU A):生年月日 1995年3月21日

陸上

アルフィナ・テフペイオリー(TEHUPEIORY Alvin):1995年4月5日

射撃(女子10mエアライフル)

ビディアラフィカラフマタン・トイイバ(TOYYIBA VRR):生年月日 2001年5月27日

※選手写真出典:jiji.com

インドネシアの注目競技

インドネシアの注目競技

ここまでは、選手と出場競技をご紹介してきました。

 

見ていて気づいたかと思いますが、特定の種目に出場選手が多いことが分かりますね

インドネシアの注目競技としては、以下の3つの競技が挙げられます。

注目競技

・バドミントン

・重量挙げ

・アーチェリー

バドミントン

インドネシアでは国技と言えるスポーツですね

オリンピックでは、過去に金メダルを取るほどの力があります。

 

バルセロナオリンピックでは、男子で金銀銅メダルを独占したことがあるほどのハイレベルな競技となります。

 

日本の桃田賢斗選手とのマッチアップがあったら楽しみですね

重量挙げ(ウェイトリフティング)

重量挙げもオリンピックで注目の競技です。

こちらもオリンピックでの実績があります。

 

金メダルはありませんが、近年のオリンピックで銀メダルと銅メダルをコンスタントに獲得しています

アーチェリー

アーチェリーも注目種目です。

男子から3人、女子から1人が代表になっています。

 

インドネシアで初のオリンピックメダルが、1988年のソウルオリンピックでのアーチェリー女子団体による銀メダルです

インドネシアの注目選手

東京2020オリンピックに出場する注目選手をご紹介します。

ヘンドラ・セティアワン(SETIAWAN H)+モハマド・アーサン(AHSAN Mohammad):男子バドミントン

ヘンドラ・セティアワンは、2007年世界選手権、2008年北京オリンピック、2010年アジア大会の男子ダブルスで優勝した実績があります。

北京オリンピックで優勝ということは、金メダルを獲得しているということです。

 

この実績を見るだけでも凄さが伝わりますよね。

 

そして、2013年、2015年の世界選手権では、ムハマド・アーサン(アフサン)とのペアで男子ダブルスで金メダルを獲得しています

 

今回の東京2020オリンピックでも二人でダブルスを組んで出場しています。

 

日本との対戦もありえるので、要チェックですね。

エコユリ・イラワン(IRAWAN EY):男子重量挙げ(61キロ級)

エコユリ・イラワン(IRAWAN EY)選手は、北京・ロンドン・リオデジャネイロの各オリンピックでメダルを獲得しています

 

同じ階級に日本人選手(糸数陽一)も出場するので、注目してみましょう。

ウィンディ・アイサー(AISAH Windy Cantika):女子重量挙げ(49キロ級)

ウィンディ・アイサー選手は、メダルが期待される女子重量挙げの選手です。

 

同じ階級にオリンピック5回目の出場となる日本人選手(三宅宏実)も出場します

 

普段「重量挙げ」を見る機会がない方は、注目してみてもいいかと。

※2021年7月24日に銅メダル獲得、東京オリンピックで初のインドネシア選手によるメダルがこちらです。

東京オリンピックでの獲得メダル

東京オリンピックでの獲得メダル

【金】:1個 ← ※金メダルはインドネシア史上初

【銀】:1個

【銅】:3個

まとめ:インドネシアの東京2020オリンピック出場選手と競技をご紹介!

まとめ:インドネシアの東京2020オリンピック出場選手と競技をご紹介!

いかがだったでしょうか。

インドネシアの注目競技と選手が分かりましたか。

 

これからオリンピックが徐々に盛り上がっていきます

 

日本の東京開催ということで、一生に一度あるかないかのお祭りとなります。

インドネシアを通して、この機会に知らなかった競技に触れたりしたいですね。

 

スポーツを楽しみましょう。

Good Luck!

-その他, インドネシア
-, ,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.