その他 観光

海外旅行保険が付いているおすすめクレジットカード2選+1をご紹介!

海外旅行保険が付いているおすすめクレジットカード2選+1をご紹介!

悩む人
クレジットカードに海外保険が付いていると聞いた。どのカードがおすすめなのか知りたい!

今回は、そんな悩みを解決します。

この記事でわかること

海外旅行保険が付いているおすすめのクレジットカードがわかる

海外旅行する際には、海外旅行保険が気になりますよね。

事前に保険に入っていおいたり、空港で手続きをしたりなど煩わしい準備が必要です。

 

そんな時に便利なのは『海外旅行保険付きのクレジットカード』です。

 

カードに海外旅行保険が付帯しているので、カードを持っているだけで海外保険に加入している状態になります。

 

どのクレジットカードにも付帯していることが多いサービスなので、どのクレジットカードがおすすめなのか迷ってしまいますよね。

本記事を読み進めると、おすすめなクレジットカードがわかります。

 

サービスが多いので、厳選した2つとプラスアルファの1つを紹介していきます。

悩んでいる方は必見ですよ。

海外旅行保険が付いているおすすめのクレジットカードとは?

海外旅行保険が付いているおすすめのクレジットカードとは?

ここからは、海外旅行保険が付いているおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

おすすめのクレジットカード

1, エポスカード

2, 楽天カード

どちらのカードもよく知られたカードかと思います。

すでに手元に持っている方も多いのではないでしょうか。

 

持っていても、海外旅行保険が付いているのか分からなかったり、どんな内容なのか分かりませんよね。

 

次の項からは、それぞれのカードの特徴を紹介していきます。

1, エポスカード

エポスカード』を知っていますか。

関東を中心にショッピングビルである「OIOI(マルイ)」や「MODI」を展開する丸井グループが発行しているクレジットカードです。

 

大学生になった時にはじめて作成したクレジットカードがエポスカードだった、という方も多いのではないでしょうか。

私もはじめて作成したクレジットカードはエポスカードでした。

おすすめポイント

1, 年会費無料

2, 自動付帯

エポスカードは年会費が無料です。

海外旅行保険付きのクレジットカードの場合は、年会費がかかる場合もありますが、エポスカードは無料です。

 

エポスカードは『自動付帯』で海外旅行保険が使えます。

自動付帯と利用付帯とは?

・自動付帯:持っているだけで海外旅行保険が使える

・利用付帯:旅行に関する支払いを行った場合のみ海外旅行保険が使える

自動付帯のクレジットカードの場合、事前手続きや旅行に関する支払いを気にしなくとも海外旅行保険が使えます。

海外に持っていくだけで使えるので、余計な心配が減りますよね。

保険の種類

・傷害死亡、後遺障害:    最高500万円
・傷害治療費用:       200万円(1事故の限度額)
・疾病治療費用:       270万円(1疾病の限度額)
・賠償責任(免責なし):   2000万円(1事故の限度額)
・救援者費用:        100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
・携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

店頭で作成・受け取りの場合は最短即日発行となります。

そのため、海外旅行が迫っている方にもおすすめのクレジットカードですね。

 

また、24時間日本語対応のサポートセンターがあります。

現地で万が一のことが起こった時にすぐに日本語で連絡出来る安心感がありますね。

\\年会費無料で自動付帯の便利なクレジットカード//

エポスカードの詳細を確認する

2, 楽天カード

楽天カード』も海外旅行保険が付帯するクレジットカードです。

楽天カードも、すでに持っているという方が多いのではないでしょうか。

おすすめポイント

・年会費無料

楽天カードも年会費が無料です。

旅行直前に海外旅行保険に加入するとプランによりますが、5,000円前後はかかります。

 

そのため、無料でカード作成できることはコストを抑えることに繋がりますね。

 

楽天カードの注意点としては『利用付帯』の海外旅行保険となります。

そのため、出国前に旅行に関する費用を楽天カードで支払っていないと、海外旅行保険が適用されません。

 

楽天カードの場合、空港までの移動手段(タクシーやリムジンバスなど)で利用するといいですね。

詳しい適用情報は以下の楽天カードのページからご確認ください。

 

保険の種類

・傷害死亡、後遺障害 :      最高額 2,000万円
・傷害治療費用 :          200万円(1事故の限度額 )
・疾病治療費用 :          200万円(1疾病の限度額)
・賠償責任(自己負担額なし) :     2,000万円(1事故の限度額)
・救援者費用 :           200万円(年間限度額)
・携行品損害(自己負担額3,000円) :  20万円(年間限度額)

\\新規入会・利用で8,000ポイント(8,000円相当)還元!//

楽天カードの詳細を確認する

その他のおすすめクレジットカード

その他のおすすめクレジットカード

最後に、その他のおすすめクレジットカードをご紹介します。

最後におすすめするのは『楽天プレミアムカード』です。

 

海外旅行に頻繁に行く方ほどおすすめなクレジットカードですよ。

楽天カードとの違いやメリット・デメリットも併せて紹介していきます。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード』は、名前の通り楽天カードが発行しているクレジットカードです。

通常の楽天カードよりもグレードの高いカードですよ。

 

年会費が11,000円かかりますが、海外旅行によく行かれる方にはメリットがあります。

おすすめポイント

・自動付帯

・プライオリティ・パスの無料発行

自動付帯で海外旅行保険が使えます。

そのため、カードを持っているだけで海外旅行保険が適用されます。

※「傷害死亡・後遺障害」と「携行品損害」を満額で受け取るためには、利用付帯が必要です。

 

 

そして、楽天プレミアムカードの最大のポイントは『プライオリティ・パスの無料発行』です。

 

プライオリティ・パスを持っていると、世界148ヶ国、600を超える都市にある1300カ所以上の空港ラウンジを利用することができます。

プライオリティ・パスの特徴

・軽食や飲み物が無料(アルコールを含むラウンジもあり)で楽しめる

・Wi-Fi環境、充電環境が充実している

・シャワーが利用出来るラウンジもある

空港でお酒を飲んでくつろいだり、仕事を処理することも可能です。

海外旅行頻度が高い方ほどおすすめのプランですね。

 

プライオリティ・パスと直接契約すると年会費が99ドルからなので、楽天プレミアムカードの年会費と同じくらいの年会費となります。

そのため、これからプライオリティ・パスの発行を検討している方にもおすすめと言えますね。

保険の種類

・傷害死亡、後遺障害 :      最高額 5,000万円 ※利用付帯条件あり
・傷害治療費用 :          300万円(1事故の限度額 )
・疾病治療費用 :          300万円(1疾病の限度額)
・賠償責任(自己負担額なし) :     3,000万円(1事故の限度額)
・救援者費用 :           200万円(年間限度額)
・携行品損害(自己負担額3,000円) :  50万円(年間限度額) ※利用付帯条件あり

\\プライオリティ・パスを無料で発行するなら楽天プレミアムカード!!//

楽天プレミアムカードの詳細を確認する

まとめ:海外旅行保険が付いているおすすめクレジットカード2選+1をご紹介!

まとめ:海外旅行保険が付いているおすすめクレジットカード2選+1をご紹介!

いかがだったでしょうか。

海外旅行保険が付いているおすすめクレジットカードがわかりましたか。

 

紹介したクレジットカード

・エポスカード

・楽天カード

・楽天プレミアムカード

 

海外旅行にあまり行かない方には無料で発行できる『エポスカード』や『楽天カード』がおすすめですね。

また、海外旅行によく行かれる方には『楽天プレミアムカード』をおすすめします。

 

私自身が10年ほど前に海外旅行によく行っていた時には、旅行当日の空港で海外旅行保険を契約して出発していました。

当時はそのたびに約5,000円の出費だったので地味に痛かった記憶があります。

 

海外旅行保険が付帯したクレジットカードがある便利な世の中なのでお得にうまく活用しましょう

Good Luck!

-その他, 観光
-,

Copyright© UpdateBlog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.