インドネシア 海外就職 現地採用

インドネシア現地採用者が一年目に優先してやる事

悩む人
現地採用として、インドネシアでの就職が決まった。最初からやることが沢山ありそうだな。何を優先してやっていこう?

今回は、そんな悩みを解決します。

この記事で分かること

・インドネシア現地採用者が、一年目に優先してやる事が分かる

・筆者の経験談を通して、それぞれ優先する理由が分かる

現地採用として働き始めると、初めての経験ばかりでやることも多いかと思います。

特に初めのうちは何に力を入れていけばいいのか悩みますよね

とりあえず仕事?プライベート?人脈?言語?

等など、挙げればきりがありません。

そこで今回は、現地採用者が一年目に優先してやる事をご紹介します

私自身が、現地採用者としてインドネシアで5年間働きました

その時の経験をベースにお伝えしていきます。

おすすめとして、優先してやることを決めておきましょう

そうすることで悩む時間も減り、現地で生活しやすくなりますよ。

人によって優先順位は異なりますが、こちらでは皆が感じる大切なポイントをご紹介します。

記事を読んで、現地生活の参考にして頂ければと思います。

インドネシア現地採用者が一年目に優先してやる事

1, 仕事

いちばん大切なことはこちら『仕事』です

インドネシアに現地採用として何をしに来たのかと言われたら、仕事ですよね。

日本での生活とは違い、就労ビザを取得して現地滞在許可を得ています。

そのため、仕事をする事がインドネシアでの存在意義と言えます

もちろん、仕事以外の考えがあってインドネシア移住を果たす方もいるでしょう。

そんな方でも、まずは仕事を優先しましょう。

特に最初の三ヶ月は試用期間のため、気が抜けません

この期間をクリア出来れば、職場にも慣れて仕事も徐々に楽になりますよ。

仕事を頑張り、結果を出していくと、会社のスタッフからも信頼されるようになり、結果的に良い循環となり働きやすくなります。

そうなると、プライベートの時間もリラックス出来るようになります。

現地採用としては、仕事が生活の中心になりますので、まずは仕事に集中しましょう。

2, 言語(インドネシア語)

言語(インドネシア語)も優先順位の高いやることの一つです

せっかくインドネシアに来たので、インドネシア語を覚えましょう。

英語が話せて社内共用語が英語の会社でも、私生活ではインドネシア語を使う機会があります

社用車のドライバーとの会話やタクシーの運転手とのやりとり、レストランでのやり取りなど、日常生活で利用します。

言葉を覚えると、自身の生活の幅も広がります。

そして、生活の幅が広がるとインドネシア生活が楽しめますよ。

インドネシアに在住している日本人の数は二万人程度です。

それに比べ、インドネシア人は二億四千万人を越えます

言語を覚えることによるインパクトがよく分かりますよね。

さらに、二年目以降は友人や知り合いが増えたり、趣味のサークルに参加したりなど、忙しくなってきます。

そのため、一年目の早い段階の比較的一人で過ごす機会が多い時に、言語を学習しましょう。

3, コミュニティ

生活に少しずつ慣れてきたら、知り合いが徐々に増えてきます

その中から、長く付き合うような友人や困った時にアドバイスしてくれる人々に出会います。

海外の生活では孤独なことが多いため、そういった付き合いが長い目で見て大事になります

無理に相手に合わせて付き合うことはありませんが、フィーリングが合う人に出会ったらコミュニケーションを取っていきましょう。

困った時に相談できる相手がいると、精神的に安定します

インドネシア人とトラブルになった時に、インドネシア語で対応してくれるような知り合いがいると心強いですよ。

いざという時にすぐに電話出来る相手と出会えるといいですね

4, 貯金

少しずつでいいので『貯金』はしておきましょう

ここでは貯金の重要性に関して、私自身の経験を少しご紹介します

私は、現地採用としてインドネシアに来た時には貯金がほとんどない状況でした。

思いのほか、移住準備に費用がかかってしまったためです。

完全に情報収集不足でした

そのため、予想よりも渡航費用や予防接種、その他雑費がかかりました。

そんな経緯から、現地で働き始めてから貯金を少しづつしていきました。

ある期間に、親族の体調が悪くなり、何度か一時帰国したことがあります。

その期間中は、二ヶ月に一回ほど、自費で日本に帰国していました。

その時に、貯めていた貯金が役に立ちました。

一年強の期間その生活が続いたので、貯金がなかったらと思うと恐ろしいです。

このように、いつどんな費用が発生するのかわかりません

予測不能な事態に備えるためにも、一年目からでもコツコツと貯金をしておきましょう。

まとめ:インドネシア現地採用者が一年目に優先してやる事

いかがだったでしょうか。

優先事項まとめ

1, 仕事
2, 言語(インドネシア語)
3, コミュニティ
4, 貯金

項目に分けると、どの項目も当たり前だと思いましたよね

当たり前ではありますが、一年目は現地での忙しさや新しいことの誘惑が多く待ち受けています。

そのため、仕事への集中や語学学習への意欲が薄まってしまう事があります。

優先順位を明確にしておくと、無駄なことに時間を使わずに済みます

仕事や語学を頑張っていると、自然とコミュニティも広がりいい流れが循環していきます。

今回ご紹介した4項目を参考に、重要なことを見定めて現地生活を楽しみましょう。

慣れてきたら、以下のように趣味の幅を広げることもおすすめしますよ。

Good Luck!

初心者におすすめのインドネシア語参考書

おすすめは、『インドネシア語が面白いほど身につく本』です

初心者の場合、アルファベットの読み方や数字の読み方などの簡単な所から学習したいですよね。

そこから時間や身の回りの物の名称、基礎の動詞や簡単なフレーズを学んでいく流れかと思います。

そんな基礎から、簡単な挨拶や街中での会話例まで網羅した参考書となります。

私自身も、本書を利用して基礎を固めました

初出社した時のインドネシア語での挨拶に活用し、暖かく迎えてもらった記憶は今でも覚えています

これ一冊で生活に関してのインドネシア語はカバー出来ますよ。

私は、5年間のインドネシア生活で使い倒しました。

参考書に悩んでいる方はとりあえずこちらを押さえておきましょう。

Good Luck!

-インドネシア, 海外就職, 現地採用
-, ,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.