その他 観光

スキミングとは?【クレジットカードのスキミング被害対策】

スキミングとは?【クレジットカードのスキミング被害対策】

悩む人
海外ではスキミング被害に遭うことがあると聞いた。そもそもスキミングってなんだろう?事前に知って、対策があればしておきたい!

今回は、そんな悩みを解決します。

この記事で分かること

・スキミングって何?という疑問が解決する

・スキミング対策が分かる

『スキミング被害に遭った!』という話を聞いたことはありませんか?

日本国内では馴染みのないワードですが、海外では耳にする言葉ですよね。

 

聞いたことはあるけど実際にはどんなことなの?と思う方も多いのではと思います。

 

本記事では、そんな『スキミング』に関してご紹介します

 

スキミングの基礎知識や、被害に遭わないようにするための対策などをご紹介していきます。

 

海外旅行や出張の予定がある方は事前にチェックして対策を立てておきましょう

スキミングとは?

スキミングとは?

『スキミング』とは、クレジットカードに関する犯罪で、ここ数年で被害が急増しています

 

クレジットカードに記録されている情報を盗み取られる事により、被害に遭ってしまいます。

盗んだ情報をもとに、偽造クレジットカードを作って使用するという悪質な犯罪です。

 

近年では、手口がさらに巧妙化しています。

巧みな手口により、被害にあったことすら気がつかないケースも発生しています

スキミングの主な手口

スキミングをするためには、クレジットカードに記録された情報を「スキマー」と呼ばれる装置で読み取る必要があります

スキマーとは、データを不正に読み取る目的で使われる機器のことです。

 

よく使われているのはカードリーダー型です

カードリーダーに挿入したクレジットカードやキャッシュカードの情報を不正に読み取られてしまいます。

 

スキマーは、主にATMのカード挿入口に設置されます

機械の本体に似せて巧妙に作られているため、存在に気づかずにカードを挿入してしまう恐れがあります。

 

日本国内でも被害が報告されています。

 

これに加えて、付近に設置された隠しカメラで暗証番号を盗撮して流出させる仕組みです

隠しカメラも巧妙に隠されているため、こちらの存在にも気づきにくいですね。

 

磁気データと暗証番号が盗まれると、犯人はその後に偽造カードを作成して不正利用します。

カード自体はそのまま自分の手元へ残るため、盗難に遭うケースと比べてすぐには被害に気づきにくいのが難点ですね。

 

その他にも、スキミングにはさまざまな手口があります

カードリーダー型のスキマーを使用した手口では、店員になりすましてカードを受け取り、スキマーで読み取るといった例が挙げられます。

 

さらにやっかいな事に、非接触式のスキマーがあります

非接触式だと警戒していても防ぐことが難しいですよね。

 

満員電車など人が密集した場所で、犯人が持ち歩く小型端末で情報を抜き取られる可能性があります。

 

事前に対策を立てておき、万が一被害に遭ってしまった場合にも対処出来るようにしておきましょう。

スキミング被害に遭った時の対処法

スキミング被害に遭った時の対処法

スキミング対策をしていても、もしものことはありえます

被害に遭ってしまった時の対処法を事前に知っておくと、ある程度冷静に対処出来ますよ。

カード会社に連絡する

対処法は多くありません。

とにかく被害に遭ったカード会社に連絡しましょう

 

連絡し、カードの利用停止手続きをしましょう。

被害拡大を防ぐ意味でも早めに行動することが大切ですね。

 

カード会社の連絡先をメモしておいたり、すぐに対応出来るようにしておくと慌てずに対処出来ますよ

 

また、基本的にはスキミング被害は『カードに付帯する保険の補償対象』です

そのため、補償を適用してもらいましょう。

 

自分に明らかな過失があった場合などには保証対象外となるので、注意が必要です。

※他人にカードを貸していた。カード裏にサインを記入していなかった。等など

スキミング被害を軽減するための対策

スキミング被害を軽減するための対策

ここからは、スキミング防止対策を見ていきましょう。

スキミング対策例

・スキミング防止グッズを利用する

・推測されにくい暗証番号にする

・利用明細を定期的に確認する

一般的に言われる対策は上記の3つとなります。

 

その他にも、暗証番号の入力時に隠して入力するクセを付けたり、カードを第三者に預けない・目の届かないところで決済させない、などの対策も大切ですね

 

それぞれを組み合わせると、よりセキュリティが高まりますよ。

スキミング防止グッズを利用する

対策防止グッズを利用することは、スキミング被害を軽減するのに大切な対策です

素のままでクレジットカードを持ち歩くよりも、セキュリティ対策となります。

カードケース

クレジットカードと同程度のサイズのカードケースです

このケースにクレジットカードを入れて、財布や小物入れに入れて使います。

 

オールインワン・カードケース

オールインワンタイプのカードケースは、カードケース・コインケース・ICカードケースの3役対応しています

旅行だけでなく、日常で活躍するタイプのカードケースですね。


パスポートケース

パスポートケースは、旅行の際のスキミング防止対策の定番ですね

パスポートはもちろん、他国の通貨も余裕で収納出来るサイズなので、旅行で活躍します。

 

最初にご紹介したカードケースと組み合わせると、よりセキュリティ性が高まります。

 

私自身もこのタイプのパスポートケースを愛用して使っています

ペンを挿すペンスロットも付いているので、機内で出入国カードを書く時にペンを忘れる心配もありませんよ。


推測されにくい暗証番号にする

この手の犯罪防止の定番ですが、推測されにくい暗証番号に設定しておきましょう

生年月日やパーソナルや身近なことに関する暗証番号は推測される可能性があります。

 

最近では、Facebookやインスタアカウントも検索することにより、個人を特定されてしまう時代です

例えば、名前からFacebookが検索されて、そこに公開されているプロフィールで生年月日が知られてしまう、などがありえます。

 

暗証番号は、気をつけて設定しましょう。

利用明細を定期的に確認する

スキミング防止対策として、利用明細を定期的に確認することもご推奨します

 

被害に遭ってしまった場合、被害を最小限に留める意味でも効果があります。

保険の補償対象とお伝えしましたが、カードに付帯するのは、60日間というのが基本です

 

定期的に確認しておかないと、被害から60日が経過して補償対象外になってしまうこともありえますよね。

 

そのため、定期的にクレジットカードの利用明細を確認しましょう。

まとめ:スキミングとは?【クレジットカードのスキミング被害対策】

まとめ:スキミングとは?【クレジットカードのスキミング被害対策】

いかがだったでしょうか。

スキミングに関する基礎知識が分かったかと思います。

 

万が一被害に遭ってしまった時に冷静に対処出来るように、対処法を覚えておきましょう

 

被害を軽減できる防犯対策もしておくこともポイントですね。

こまめにカード利用履歴を確認するなど、出来ることはやっておきましょう

 

また、小さな個人店でカードを使うことも気をつけましょう

大きなモールでの利用はある程度安心感がありますが、個人店に関しては油断できません。

 

その他に、チェーン店や有名店以外のレストランでも会計時のクレジットカード支払いに注意です。

会計時に店員にカードを渡して支払いした時に、スキミングされる被害もあるようです

 

面倒ですが、個人店や怪しい雰囲気の店舗では、クレジットカードを使う場合にはカードを差し込む端末まで自分で行って支払いを済ませるのが無難ですよ。

 

本記事の内容を頭に入れて、スキミング被害に遭わないようにしましょう。

知っておくと回避できるトラブルもありますよ

Good Luck!

-その他, 観光
-,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.