その他 英語

オンライン英会話『DMM英会話』のメリットとデメリットをご紹介!

オンライン英会話『DMM英会話』をご紹介!

※出典:

DMM英会話公式ページ

悩む人
オンライン英会話に興味がある。調べたところ、DMM英会話が良さそうだな。始める前に、メリットとデメリットを確認しておきたい!

今回は、そんな悩みを解消します。

この記事で分かること

・『DMM英会話』の詳細情報が分かる

・『DMM英会話』のメリットとデメリットが分かる

最近はオンライン英会話のサービスが増えてきました。

どのサービスを選択すればいいのか悩みますよね。

 

今回は数あるサービスの中でも、『DMM英会話』に関してご紹介していきます

記事前半ではサービスの詳細情報に関してご紹介します。

そして記事後半では、納得してサービスを選ぶためのメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

筆者の私は、英会話の学習経験が豊富です

筆者の英会話学習歴

・英会話教室(1年)

・フィリピン留学(約半年)

・海外就職(5年)

・TOEICスコア(820点)

本記事では、英会話の実体験を交えてご紹介していきます。

記事を読み終わる頃には、どのオンライン英会話サービスにしようかな?という悩みが解決しますよ

オンライン英会話『DMM英会話』をご紹介!

DMM英会話をご紹介!

※出典:

DMM英会話公式ページ

『DMM英会話』は、マンツーマンでオンライン英会話レッスンが受講できるサービスです

新型コロナウィルス禍の今だからこそ、自宅でオンライン英会話を始める方も増えていますよね。

DMM英会話は、場所を選ばず24時間・365日利用可能なオンライン英会話サービスとなります

ここからは、そんなDMM英会話の特徴をご紹介していきます。

DMM英会話の5つの特徴

1, 低価格! 初期費用0円・1レッスン163円〜

2, 129カ国以上の多彩な講師陣

3, 7,000以上の無料レッスン教材

4, 24時間365日レッスンできます!

5, 有料会員なら iKnow! が無料!

1, 低価格! 初期費用0円・1レッスン163円〜

DMM英会話は、1レッスン163円~というリーズナブルな価格設定となっています

プランは全6プランとシンプルな構成ですよ。

3つのスタンダードプランと、3つのプラスネイティブプランに分かれます

 

・スタンダードプラン

スタンダードプラン

■122ヵ国の講師と話せる

■学べる言語:英語

・1回/1日:6,480円/月額(税込)※1レッスンあたり209円

・2回/1日:10,780円/月額(税込)※1レッスンあたり174円

・3回/1日:15,180円/月額(税込)※1レッスンあたり163円

 

・プラスネイティブプラン

プラスネイティブプラン

■ネイティブ、日本人講師を含む129ヵ国すべての講師と話せる

■学べる言語:英語、韓国語、中国語(繁体字)、日本語

・1回/1日:15,800円/月額(税込)※1レッスンあたり510円

・2回/1日:31,200円/月額(税込)※1レッスンあたり503円

・3回/1日:45,100円/月額(税込)※1レッスンあたり485円

 

1日3回レッスンのプランを選ぶと、1レッスン163円というリーズナブルな価格でレッスンを受講できます

 

以前に私が某英会話教室に通っていた時は、1ヶ月で4レッスン/1万円でした

さらに、レッスンはグループレッスンだったので、話す機会も少ないという状況。

いかにリーズナブルなのか分かりますね。

 

また、初期費用が0円なのも申込みハードルがぐっと下がるのでいいポイントです

興味がある方には、無料体験から始めてみることをおすすめしますよ。

25分のレッスンが2回受けられます!

登録して無料トライアルを体験する

2, 129カ国以上の多彩な講師陣

DMM英会話では、世界約129ヵ国6,500人以上の講師とマンツーマンレッスンができます

アメリカ、イギリス、カナダといったネイティブの国から、アジア、ヨーロッパまで幅広い国々の講師陣と会話できます。

オンライン英会話サービスを展開する他社は、講師が全員フィリピン人というケースも少なくありません。

 

出身国によって文化や習慣も知ることが出来るので、英会話以上の学びもありますよ

 

採用基準が厳しく、講師採用の合格率が5%となっています。

ノンネイティブの講師でも、厳しい基準をクリアした精鋭と言えますね。

 

さらに、講師を選ぶ際の検索機能が充実しています。

講師の検索機能

・国籍

・条件(性別・年齢)

・特徴(ビジネス英会話、講師歴3年以上、キッズ向け、初心者向け など)

自分の希望に合った講師が探せます。

 

活用法としては、各国の時差を利用して講師を選ぶのもありです

日本が朝でも国によって深夜だったりします。

時間帯によっては、仕事帰りの夜にレッスンをする講師自身が疲れていたりします。

お互いに元気な時間帯にレッスンを受けるのがベストなので、工夫して受講できます。

3, 7,000以上の無料レッスン教材

現在の英語レベルや、ビジネス・トラベルなどの目的別で選べる、7,000以上の豊富なテキスト教材が利用できます。

教材費はかからず無料で利用可能です

オリジナル教材の他に、出版社との提携による教材もありますよ。

実際のレッスンでは教材を講師とリアルタイムで共有するため、スムーズなレッスンを受けることができます。

4, 24時間365日レッスンできます!

24時間365日利用できるポイントは、オンライン英会話の最大の魅力ですよね

出勤前の早朝や、日中のスキマ時間、仕事後の遅い時間など、ライフスタイルに合わせて自由に利用できます。

スマホやタブレット、PCがあればどこでもオンライン英会話が可能です。

 

私が英会話教室に通っていた時は、休日の予約を取り、当日は教室まで通っていました

今思うと、時間がもったいなかったなと思います。

24時間・365日のインパクトは、今まで英会話教室に通っていた経験がある方ほど衝撃だと思います。

5, 有料会員なら iKnow! が無料!

『iKnow!』は、DMMが提供する英語力向上ツールです

DMM英会話が話す・聞くのスキルアップなら、iKnow!は読む・書くを鍛えるコンテンツとなります。

iKnow!でインプットして、DMM英会話でアウトプットするイメージですね

両輪で学習していくと効率よく学べます。

iKnow!の1ヶ月プランの料金

・1,510円/月

※DMM英会話の有料会員は0円で利用可能

私自身は、フィリピン留学に約半年間行った経験があります。

その際に感じたことは、基礎は日本で固めておけばよかった、という事です

単語や文法の勉強(インプット)は日本でも出来ます。

 

フィリピン留学で慣れない英会話に触れて感じたことは、そもそも基本が出来ていない、という事でした。

単語が出てきませんでしたね。

そのため、現地で単語や文法を勉強するというインプットの時間に当てました。

これは日本でも出来ることです

 

そんな経験から、今現在の段階で英会話というより英語力に自身がない方は、インプットも増やしていきましょう。

そんな方には、iKnow!が無料で使える意味が効いてきますよ。

オンライン英会話『DMM英会話』の【メリットとデメリット】

DMM英会話のメリット・デメリットをご紹介!

ここからは、DMM英会話のメリットとデメリットをご紹介していきます

オンライン英会話に限らず、どのサービスを利用するにも総合的に判断したいですよね。

まずはメリットからご紹介していきます。

DMM英会話のメリット

DMM英会話のメリットをご紹介していきます。

DMM英会話のメリット

メリット1, 生徒のコメント(口コミ)を見て講師を選べる

メリット2, いろいろな国の講師と会話できる

メリット3, 講師の質が高い

メリット4, 無料トライアルがある

メリット1, 生徒のコメント(口コミ)を見て講師を選べる

メリットの1つとして、生徒のコメント(口コミ)を見ることが出来ます

講師を選ぶ際に、講師の評価が確認できます。

このシステムのため、講師側の安定した質が保たれています。

メリット2, いろいろな国の講師と会話できる

いろいろな国の講師と会話ができる点もメリットですね

各講師の出身国に関する文化や特色が分かります

あえて行ってみたい国の講師を選んで、現地情報を聞くことも出来ます。

旅行の際に現地案内してくれる仲になると最高ですね。

 

また、英会話ではないですが、各国の現地語の勉強にもなります。

たとえば、フィリピン人講師であればタガログ語ネイティブなので、タガログ語も勉強したい方は積極的にフィリピン人講師に習うのもありです

メリット3, 講師の質が高い

講師の質が高い点も、オンライン英会話を選ぶ際に大切な要素ですよね。

なんと言っても、講師になるための合格率が5%という狭き門です

合格率もそうですが、先程ご紹介した生徒のコメントの例を踏まえると、講師自身がプロフェッショナルでなければ高評価がつきません。

メリット4, 無料トライアルがある

無料体験レッスンがあります。

無料トライアルのポイント

・25分のレッスンを2回まで受講可能

・1回の日本人講師のレッスンが受講可能

無料トライアルは、2回までのお試しプランという事になりますね

日本人講師のレッスンも受講出来るので、英会話に不安がある方も安心して受講可能です。

 

初めてのレッスンでは流れも分からないので、いきなり外国人講師と話すのは緊張します。

最初に日本人講師から英会話レッスンのアドバイスを受けたり、流れを把握する時間にすると、2回目以降のレッスンが楽になります

このように逆のパターンもありですね。

1回目で分からなかったことを2回目の日本人講師に聞くというパターンです

 

以下の公式ホームページでは、無料会員になるための具体的な手続きが分かります。

まず無料トライアルを試してみたい方は、チェックしておきましょう。

無料会員になるための手続き方法

登録して無料トライアルを体験する

DMM英会話のデメリット

ここまでは、DMM英会話の特徴とメリットをお伝えしてきました。

ここからは、デメリットに関してご紹介していきます

DMM英会話のデメリット

デメリット1, 人気講師の予約が取りにくい

デメリット2, 日本人講師のレッスンを受講するプランが高い

デメリット3, レッスンの繰越しができない

デメリット4, 講師が間違いを直してくれない

デメリット1, 人気講師の予約が取りにくい

人気講師の予約が取りにくいという声を聞きます。

人気な講師ほど予約が取れない

こちらに関しては、他のオンライン英会話サービスにも言える傾向ですね。

 

多くの生徒に人気の講師なので、予約が取りにくい面も仕方ない面かと。

人気講師の場合、毎回予約が取れるわけではありません。

 

英会話は、同じ講師と毎回話すことで会話が膨らむので、人によってはマイナスにはならないかと思います

相性の合うコンスタントに予約できる講師を見つけましょう。

デメリット2, 日本人講師のレッスンを受講するプランが高い

日本人講師のプランは、プラスネイティブプランでのみ受講可能です

サービスには満足ですが、ネックになるのは価格面ですね。

ユーザーの声のように、レッスンを受講した生徒の満足度は高めです

質が高いレッスンが、費用が高い理由につながっています。

途中でプランの変更は可能なので、英会話に慣れるまで利用することもありですね。

デメリット3, レッスンの繰越しができない

レッスンの繰越ができません。

レッスンが受けられない日の分を翌日以降に繰越せません

システム上、毎日受講するとお得になるということですね。

レッスンを受けなかった日の費用を日割りすると、コーヒー1杯分は自動的に消費することになります。

 

とはいえ、もともとの費用が安いので、コスパの良さは変わりません。

無理ない日程でレッスンを受けて、1回のレッスンの質を高めましょう

デメリット4, 講師が間違いを直してくれない

講師が間違いを指摘してくれないこともあるようです。

他のデメリットと違い、レッスン前に自分から指摘してくれるよう伝えれば解決します

悩む人
間違えたけど指摘してくれないな。。

と感じたら、自分から指摘してくれるよう伝えましょう。

初月50%オフの早期入会特典

現在は、初月50%オフになる早期入会特典があります。

早期入会特典概要

有効期間:無料会員登録日より3日間

対象者:無料会員登録日から3日以内にスタンダードプラン毎日1レッスン、毎日2レッスン、毎日3レッスンのいずれかのプランに入会すると、初月月額料金が50%オフになります。

※同じ月で割引の併用はできません

注意事項:無料会員登録後、申込画面上にて初月月額料金が50%オフになっていることを確認ください。

対象外:休会中の方、無料会員登録日から4日以上経過された方、プラスネイティブプラン入会者

※プラスネイティブプラン入会者は、特典としてプラスネイティブプランのチケットが3枚プレゼントされます。

特典のおかげで、今なら1レッスンあたりの料金がさらに安くなります。

お得に英会話を始めるチャンスですよ。

この機会をお見逃しなく

\初月50%オフ!!/

登録して無料トライアルを体験する

まとめ:オンライン英会話『DMM英会話』をご紹介!【メリットとデメリット】

まとめ:DMM英会話

※出典:

DMM英会話公式ページ

いかがだったでしょうか。

今回は、オンライン英会話『DMM英会話』をご紹介しました。

メリットとデメリットが分かりましたか。

DMM英会話のメリット・デメリットまとめ

■DMM英会話のメリット

メリット1, 生徒のコメント(口コミ)を見て講師を選べる
メリット2, いろいろな国の講師と会話できる
メリット3, 講師の質が高い
メリット4, 無料トライアルがある

■DMM英会話のデメリット

デメリット1, 人気講師の予約が取りにくい
デメリット2, 日本人講師のレッスンを受講するプランが高い
デメリット3, レッスンの繰越しができない
デメリット4, 講師が間違いを直してくれない

個人的には初級者から中級者の方であれば、スタンダードプランでいいかと思います

ネイティブ圏に関係があったり、初心者すぎて日本人講師が必要な方は別ですが。

なまりを気にされる方もいますが、日本人の英語も相手からみたらなまっています。

 

私自身は、フィリピン留学後にインドネシアで働きました。

フィリピン留学中は、ネイティブのレッスンはほとんど受けていません

そして、日常会話やビジネス英会話のシーンで自分の英語を指摘されたことはありませんでした。

 

話し方よりも話す内容(何を話したか)が大事ということですね

ネイティブでなくとも、実際にコミュニケーションを取り始めるとなんとかなりますよ。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

本記事を読んで前向きな感情が湧いてきたら早速挑戦してみましょう。

 

まだ2月です。

新しいチャレンジを始めるチャンスですよ

無料トライアルから一歩踏み出して、オンライン英会話をスタートしましょう。

Good Luck!

\初月50%オフ!!/

登録して無料トライアルを体験する

-その他, 英語
-,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.