海外就職 英語

フィリピン留学で英語力アップを目指そう!【体験談もあります】

悩む人
海外就職を考えているけど、英語に自信がないな。どうやって英語力をアップさせていこう。最近良く聞くようになったフィリピン留学ってどうなんだろう?

今回は、そんな悩みを解消します。

この記事で分かること

・フィリピン留学のことが分かる

・おすすめの学校が分かる

海外就職を目指す上で欠かせないのが英語力ですよね。

英語力がネックになり、海外就職に踏み出せない方も多いのではないでしょうか

日本を飛び出して、海外で自身の英語力が通用するのか気になりますよね。

そこで今回は、おすすめの英語力アップ方法をご紹介します。

その方法は、フィリピン留学です。

英語を勉強している方なら、聞いたことや耳にしたことがあると思います。

フィリピンは、一昔前に比べたらメジャーな留学先の一つに数えられるようになりました。

そもそもフィリピンって実際どうなの?

という疑問があるかと思います。

今回ご紹介していく私自身が、フィリピンに約半年ほど留学した経験があります

当時の経験を踏まえてフィリピン留学をご紹介していきます。

私が通った語学学校や、おすすめ学校情報も合わせてお伝えします。

最後まで記事を読んでいくと、フィリピン留学に対して前向きな気持ちになりますよ。

フィリピンってこんな所

フィリピン留学をご紹介する前に、フィリピン自体をざっくりとご紹介します。

フィリピンは、日本との時差は1時間で、直行便で東京ーマニラ間が4-5時間で行けます。

他の留学先に比べて手軽に行ける国ですね。

年中温暖な気候で、過ごしやすい環境にあります。

また、英語力アップへのポイントとして、フィリピンは英語が共用語です

そのため、空港やショッピングモール等、一般の方とも英語でやりとり可能です。

その他にも、日本の文化に興味を持っている現地の方も多いため、日本人が生活しやすい環境と言えます。

続きまして、フィリピン留学を具体的にイメージ出来るように、メリット・デメリットをお伝えします。

フィリピン留学のメリット

まずはフィリピン留学のメリットからお伝えします。

どのポイントも、フィリピンを留学先として選ぶ魅力で溢れていますよ。

メリット

1, 費用が安い

2, マンツーマンレッスンがある

3, 3食付きの寮生活

4, 年中温暖な気候

5, 日本から近い

1, 費用が安い

最初にご紹介したいメリットは、費用が安いことです。

費用の安さは、フィリピン留学の最大のメリットではないでしょうか

授業料+宿泊費+食事(3食付き)で月に18万円程度が相場です。

ここに航空券や保険、入学金、現地でのお小遣いなどがかかります。

欧米圏への留学の場合、授業料+宿泊費+食事でざっくりと倍以上かかります。

それに加えて航空券が高くなり、物価もフィリピンに比べて高いので現地の生活費もかかります。

例えば、タクシーの初乗りは、約100円です。

長く留学するほど、現地の物価は財布に響いてきますよね。

2, マンツーマンレッスンがある

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンが主な授業形態です。

例として、1日4コマがマンツーマン、2コマがグループの計6コマ、のようなカリキュラムが一般的です。

マンツーマンレッスンの場合、自分の希望やペースに合わせた学習が可能です

グループレッスンの場合、発言するチャンスが少なかったり、英語力が低いと回りの生徒の発言だけを聞いて話す機会がない、または英語力がなく積極的に話せない、などのマイナス点があります。

欧米圏への留学の場合は、グループレッスンが中心です。

そのため、レッスン中に自分が発言する時間はわずかです。

そして、英語力に自身がない方はさらに発言チャンスが減ってしまいます。

これでは効率が悪いと思いませんか。

フィリピン留学はマンツーマンレッスンが中心の為、英語力に不安がある方でも自分のペースで学習を進められます。

フィリピン留学中に知り合った方は、オーストラリアに留学してから改めてフィリピン留学に来ていました。

その理由がまさにこの点で、グループレッスンで学習効率が悪かったと話していました。

3, 3食付きの寮生活

フィリピン留学では、学校の敷地内や学校周辺の寮で生活するのが一般的です

さらに、朝昼晩の3食が付いてきます。

そして、これらの寮生活の費用と食事の費用は授業料に含まれています。

学校に敷地内に寮がある場合、食堂や教室までの移動も近く、無駄な時間が省けます。

私の留学時は、部屋から教室までは徒歩20秒ほどでした。

何を食べるのか、食材の買い出し、料理時間、等など、食事するだけでも時間が取られてしまいます。

そのため、3食が提供されるスタイルは、英語学習に集中できる環境と言えます。

たまに息抜きで買い出しに出かけるくらいがちょうどいいですよ。

これが欧米圏の場合は、ホームステイ先で朝晩が出ますが、昼は外食するなど自分で取るスタイルが一般的です。

ホームステイの宿泊費と食事の費用がかかりますので、費用面でも影響が出てきますね。

4, 年中温暖な気候

現地で生活する際に、生活環境も大切な要素です。

フィリピンは、1年を通して30℃近い温度です。

そのため、気軽な服装で過ごすことが出来ます。

セブ島などのリゾート地へ冬でも海に行くことが出来る環境があります。

気候に変動が少ない事は、体調管理も難しくないので勉強面でも有利に働きます

持っていく荷物も夏服ばかりなので、パッキングも楽ですよ。

気を付けたい点としては、室内やタクシーやバス、ショッピングモール内でのエアコンが効き過ぎている点です。

室内が寒すぎる事があるので、パーカーやカーディガンなど、羽織れるアウターを一着持っていきましょう。

5, 日本から近い

日本から近いこともフィリピン留学のメリットです。

緊急時に日本にすぐに帰ることが出来ます。

早ければ、日本に帰る予定が出来た当日に日本に帰ることが出来ます

怪我や病気で日本に緊急で帰ることがある時に、近いだけで安心感があります。

近いこともあり、航空券も安く購入することが出来ます。

LCLなどの格安航空券であれば、約10,000円前後での購入が可能です。

この環境であれば、緊急時も安心ですよね。

フィリピン留学のデメリット

ここからは、フィリピン留学のデメリットもご紹介していきます。

メリットを見てフィリピン留学に魅力的を感じて頂けたかと思います。

そんな中でも、メリットばかりではなくデメリットもあります。

デメリットも理解してフィリピン留学を検討しましょう。

デメリット

1, 治安に不安あり

2, インフラなど生活環境が良くない

3, 人によっては集中できない環境

1, 治安に不安あり

フィリピンや東南アジアの国々のイメージとして、治安の悪さをイメージする方は多いかと思います。

そのイメージは間違いではなく、フィリピンも日本に比べて治安に不安があります

実際に、私の留学時に窃盗被害にあった留学生もいました。

スリや窃盗は、日本にいると身近に感じにくいかと思います。

フィリピンというより、日本以外の国では当たり前にあることと意識することが大切ですね

2, インフラなど生活環境が良くない

生活して感じる事として、フィリピンはまだまだ発展途上国だという事です

シャワーのお湯が出ないことや排水管が詰まることは、フィリピン留学した方は経験があるかと思います。

また、温暖な気候ゆえに虫がよく発生します。

部屋の中にアリがうろついていたり、みんなが苦手な黒い物体もよく現れます。

苦手な方は、アリ除けや蚊除けなどを日本から持ち込むのもありです。

3, 人によっては集中できない環境

こちらは、実際にフィリピン留学をした自分自身が感じた感想です。

フィリピン留学は魅力的ですが、現地には誘惑がたくさんあります

セブ島などリゾート地が近いこともあり、週末は観光やバカンスに出かける生徒も多くいます。

また、現地で出来た友達と飲みに行くこともあります。

そういった勉強以外の誘惑に勝たなければ、留学した効果も半減以下になってしまいます。

毎週毎に新しい生徒を迎えて卒業していく生徒を送り出しているため、新しい出会いは刺激的です。

しかし、適度に付き合っていかないと、本来の英語力向上の目的が果たせません。

フィリピン留学に限らず、留学先では自身の強い意志が必要です

おすすめの語学学校

メリットとデメリットを読んでみて、フィリピン留学に興味が湧きましたか。

次のステップとして、実際の留学先を検討したいですよね。

ここからは、検討材料として3校をご紹介します。

私の通った留学先、友人が立ち上げた学校、もう一度行くならこの学校、という3校をピックアップしました。

学校選びの参考にして頂ければと思います。

学校選びに関しては、以下の『School With』のような語学学校比較サイトも参考になりますよ。

CIP(Clark institute of the Philippines)

学校情報

・住所:Pampanga, Angeles, Lots 18 & 19 block 37 Kamatigue st. cutcut.

・エリア:クラーク

・日本人比率:約30%

・ホームページ:CIPのホームページ

フィリピン留学の語学学校の中でも、マンツーマンレッスンを推している語学学校です

マニラから車で約2時間ほどの地方にあります。

周辺にリゾート地もなく、勉強に集中できる環境が整っています。

日本人比率も約30%と、多からず少なからずなバランスも英語力アップの環境に適しています。

学校の近くにショッピングモールがあるので、日常生活も問題なく過ごせます。

リゾートや勉強以外の誘惑が少ない環境なので、英語力アップを目指す方におすすめです。

当時の記憶として、ご飯が美味しくなかった記憶があります。

数年前の事なので、今は改善されているかと思いますが、事前に口コミなどで確認しておきましょう。

Face to Face English School

学校情報

・住所:JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines

・エリア:マニラ(タガイタイ)

・日本人比率:約80%

・ホームページ:Face to Faceのホームページ

マニラ近郊のリゾート地であるタガイタイにある語学学校です。

特徴は、先生も生徒と同じ宿舎に住んでいる点です

朝起きてから夜寝るまでの間、身近に先生がいるため、自然と英語を使う環境があります

学校を立ち上げた方は、立ち上げ前に他の語学学校を自身で経験してきました。

そのため、現地での生徒の不満やリクエストを理解しています。

それらの経験や意見をこちらの学校にも反映させています。

他にも、他校にはない多種のコースが用意されている点もポイントですね。

世界一周旅行準備コースや就職支援英語コース、フィリピン大学入学希望者向けコースなどがあります。

海外就職を目指す方は、留学先の選択肢として候補になりますよ。

SousPeak(サウスピーク)

学校情報

・住所:〒6000 Lalawigan ng Cebu, Lungsod ng Cebu, 4F

・エリア:セブ

・ホームページ:サウスピークのホームページ

サウスピークは、自分がもう一度留学するなら行きたい語学学校です。

留学の本質である、『英語力の向上』に一番向き合っている語学学校です

他の学校は、国際交流や週末のバケーションが楽しい、という事を推している学校が多いですが、サウスピークは英語力の向上を掲げています。

ホームページにも書かれていますが、英語力の向上には長時間勉強が欠かせません。

サウスピークは、その環境を整えている語学学校です。

私自身も体験して気付きましたが、留学に大事なことは、留学前の事前学習です。

留学してから自身の単語力や文法力がない事に気付いて、参考書をひたすら覚えました。

しかし、それは日本でも出来ることです。

留学中の貴重な時間を暗記に使うのはもったいないですよね。

サウスピークでは、留学前の事前学習からサポートがあります。

事前に学習することによって、現地でアウトプットして英語力を高める事ができます。

留学に行っただけで英語力が上がることはありません

いかに準備して目標に近づけるか、を留学前から気付かせてくれますよ。

日本で説明会も開催しているので、興味があればホームページから確認してみましょう。

まとめ:フィリピン留学で英語力アップを目指そう!【体験談もあります】

いかがだったでしょうか。

フィリピン留学に関して、イメージが湧いてきたかと思います。

今回は、フィリピン留学を以下のトピックでまとめました。

フィリピン留学まとめ

・フィリピンってこんな所

・フィリピン留学のメリット

・フィリピン留学のデメリット

・おすすめの語学学校

体験談として、フィリピン留学は充実した時間を過ごせます。

知らない国で知らない文化に触れて、普段では関わらない友達も増えます。

留学は貴重な経験として残りますが、初めに留学を希望した気持ちを忘れずにいましょう

特に、長期で滞在し、英語力がアップしていない状況に気付くと本当に焦ります。

日本に帰ったときに、英語が話せるようにならなかった、とは言いづらいですよね。

そうならないためにも、事前準備から目標を見据えて勉強しましょう。

海外就職前に英語力をアップさせたい方は、フィリピン留学を考えてみましょう

いい留学経験となるよう、フィリピン留学にチャレンジする方を応援しています。

Good Luck!

-海外就職, 英語
-,

Copyright© UpdateBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.